サービス

日本での治療

がん、心臓疾患、整形外科領域をはじめ、多種多様な診療科に対応します。患者様の疾病とその状態、さらに望まれているゴールを考慮し、実績のある医療機関や優秀な医師からの適切な提案を提示いたします。
またセカンドオピニオン、あるいは診察のみのご相談も可能です。

CASE 1

冠状動脈バイアス手術(3吻合)

49歳 男性
国籍:カザフスタン

入院期間: 2週間、1週間外来通院

中国で虚血性心疾患の診断。その後約1年間、内科的な治療で症状緩和を継続。
日本の有名な心臓外科医による診断(遠隔)により、心不全の疑いも認められ、即緊急入院が必要との判断。
診断後約3週間後には日本でCABGの手術を行い回復。経過良好。

CASE 2

33歳 男性

33歳 男性
国籍:モンゴル

診療時間: 約2時間

受診検査: 頭部MRI、頸部MRI、頭頸部CTなど

約15年前の落馬事故後より眩暈、手のしびれ、耳鳴りなどの症状が継続し、自国を含む2カ国で検査および診察を受けたものの診断つかず。
日本の頭頸部トップクラスの名医が在籍する病院にて診察を受け、「外傷性脳梗塞」と診断。
今後の症状への対処法が明らかになり、症状の原因判明による精神的不安から解放された。

その他(一部のみ掲載)

外科
  • - 胃がん
  • - 子宮頸がん
整形外科
  • - 左足大腿骨骨折(切断部位治療、義足作成、リハビリ)
  • - 半月板損傷
その他
  • - 脳腫瘍
  • - 1型糖尿病
  • - 網膜剥離