ご紹介

キャピタルメディカの強み

キャピタルメディカは、日本政府公認の医療滞在ビザ身元保証機関として登録をしているだけでなく、日本の様々な医療機関を支援してきた実績と、海外へのアウトバウンド事業の中で得た海外の医療に対する理解によって得た独自の強みを活かして、コーディネーションを行うことができます。

日本の医療機関について熟知しています

キャピタルメディカは日本国内で病院をはじめとして、クリニック、健診センター、介護施設等、約40の医療機関の運営・支援をおこなっています。それらの経験から蓄積された医療分野での知見および医療機関とのネットワークにより、受入側の要件と顧客ニーズを上手く調整し、スムースに橋渡しすることができます。

日本の医療機関を熟知している:イメージ図

医療スタッフの在籍

医師、看護師、放射線技師、薬剤師、介護福祉士など臨床経験を有した医療資格者によるバックアップ体制が整っています。

独自のネットワーク

キャピタルメディカが運営・支援するグループ病院だけでなく、大学病院や有数の実績のある医療機関および医師とのネットワークから、顧客のニーズに最適な医療機関あるいは医師とのマッチングが可能です。

独自のネットワーク:イメージ図

医療滞在ビザなど、日本での医療サービス受診に必要な手続き等をサポートいたします

身元保証機関として医療滞在ビザの取得支援や医療機関との手続をサポートいたします。また、旅行会社や翻訳・通訳業社との提携により、日本国内で必要なアイテムの手配が可能です。