ご紹介

日本医療の特徴

医療効果世界一の日本

「世界一の長寿国」を支える医療技術…これは予防医療が推進されているだけでなく、日本の医療機関における診断技術や治療技術が優れた医療効果をもたらし*、治療後の生存率を高めていることを示しています。

出典: The Economist Intelligence Unit Limited."Health outcomes and cost: A 166-country comparison"

先進医療への積極的取り組み

粒子線治療や再生医療など、様々な領域で世界トップクラスの医療技術を有し、その活用による最適かつ高品質の医療サービスを提供しています。

低侵襲医療

身体への影響、術後の回復を考慮して、粒子線治療などの最先端技術はもとより、内視鏡や腹腔鏡、カテーテルによる手術など、身体を可能な限り傷つけない治療を積極的に推進し、そのために必要な技術や機器の開発に力を注いでいます。

チーム医療

それぞれの領域の専門医と、それ以外の、たとえば薬剤師や看護師、理学療法士、栄養士などの専門医療スタッフがチームを形成し、各々の知識や経験を結集して最適な治療を行います。また、専門医療スタッフのサポートにより、単に疾病部位の治療だけでなく、患者様の術後のQuality of Lifeを考慮に入れた治療が可能となっています。

個々の患者様に即した治療

疾病の状態や患者様の容態、あるいはご希望を勘案した選択肢を提供し、選択頂くことが可能となります。
同一の疾病であってもそれぞれの患者様にカスタマイズされた治療が施されます。